贈る側も贈られる側にもメリットが沢山ある

人に物を贈るときに大抵の人は何を選べばいいのか、迷ってしまいがちです。相手の好みや何を贈れば喜ばれるのかがわかっていれば、贈る側にとっても贈られる側にとっても嬉しいことですよね。このようなときにカタログギフトをプレゼントに選ぶ人は多く、贈る相手の好みがわからなくてもカタログであれば掲載されている沢山の商品のなかから、好みのものを自ら選んでもらえるというメリットがあります。

カタログギフトには相手の好みだけではなく家族構成や年齢、性別などを問わず贈ることが出来ます。一方でどんなに時間をかけて選んだ商品であっても、貰う側にとって好みのものでなかったり不要なものである可能性も否めないのです。それほど人に何かを贈るという行為は難しいことがわかります。

結婚式の引き出物や誕生日プレゼントにも最適

カタログギフトが登場するまでは披露宴の引き出物というと、サイズが大きかったり重たいイメージがありました。しかしカタログギフトが登場したことによりこれらは解消されたり、また贈られた側がカタログから商品を選ぶというシステムは斬新でした。今でもカタログギフトは結婚式の披露宴での引き出物として多く活用されています。引き出物の定番として親しまれていることは勿論、相手によってカタログの値段が違っていても、一見すると大きさなど違いはわかりにくいというメリットがあります。

また披露宴の引き出物という役割以外でもカタログギフトは、誕生日プレゼントや快気祝いといった日常の様々な場面で、利用する機会は年々増加傾向にあります。